TOPへ戻る会社概要会社案内プライバシー・ポリシーサイトマップリンク集
メモリアルヨーコー
資料請求

お見積り
会員登録
葬儀の流れ葬儀ブラン葬儀の種類式場情報お問合わせ

メモリアルヨーコー:家族葬とは

お葬式にはどのような種類があるのか
どのようなお葬式にしたいのか特に希望はなくとも、お葬式にはどのような種類があるのかをあらかじめ知識を持っておけば、もしもの時に自分達の希望をより明確に伝えることが出来ます。

最近では「家族葬」と言う呼び名が定着してきたのか、ご葬家様から「家族葬でお願いします」とご依頼をいただくことも増えて参りました。

「故人の遺志を尊重して最後は静かに送りたい」
「あまり大げさなお葬式にしたくない」

など、家族葬を望まれる理由は多々あるかと存じますが、ただ費用の面だけを重視して家族葬を望まれるのであれば、少し注意が必要かもしれません。
ここでは一般的なご葬儀と近年需要が増えている家族葬について大まかに比較をしてみました。

 

家族葬とは
主にご家族・ご親族のみで執り行う小規模のお葬式を私どもでは「家族葬」とお呼びしています。
「関係各位には声をかけずに、近親者(ご家族・ご親族)のみで行う」 もしくは
「近親者の他に、特に親しいお付き合いのあった方に来ていただく」 場合があります。
会葬者が少ない分、その対応に追われる負担を軽減し、故人との最後をゆっくりと過ごせることが一番の利点であり、多くの方に支持されています。

家族葬の利点 ●見知らぬ会葬者に気を遣う必要もなく、心ゆくまでゆっくりとお別れができる
●周囲や地域のやり方にとらわれず、比較的自由な葬儀に出来る
●不必要な出費を省くことができる
家族葬の注意点 ●人を呼ばない小さい葬儀は「みすぼらしい・可哀想」と思う方も中にはいる
●葬儀後に訃報を知った方が、自宅へ弔問に訪れその対応に追われることがある
●葬儀後に「ちゃんと参列し故人とお別れをしたかった」と不満を言われることがある

 

一般葬とは
近親者の他、知人・友人が連絡を取り合い、町内会・会社関係・各種団体の方々がお見えになり、ご家族が弔問に来ていただいた方々に配慮して執り行うご葬儀の形です。
ご葬儀形式としては最も一般的なご葬儀形式です。

家族葬の利点 ●多くの方に故人を供に悼んでもらえる
●親族や会葬者にご家族の心が形として理解してもらいやすい
●予め多くの方に訃報を知らせる事により会葬者への対応が一度で済む
家族葬の注意点 ●家族の希望よりも地域や親族の意見を尊重しなければならない事がある
●多くの会葬者への対応に気疲かれしてしまい、故人とゆっくり過ごせない
●予定よりも費用が掛ってしまう事がある

 

家族葬と一般葬の違い
一般的なご葬儀と家族葬の違いは多々あり、規模や費用もそうですが一番の違いは「優先順位」だと考えております。
たくさんの方にご会葬いただく一般葬の場合、ご家族はどうしても故人との時間をゆっくり過ごすことが難しくなります。その点、家族葬では会葬者が少ない分、一般葬に比べ故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができます。
しかし、家族葬にも一般葬にもそれぞれ利点と問題点があります。その両方を考慮し、どのようなご葬儀にすべきか、じっくりと話し合うことが大切です。
どのような形であれ、故人を思う心こそが一番の供養になり、重要なのだと思います。

 

上へ戻る
緊急時はお電話下さい
お見積り・ご相談をする
資料請求

葬儀費用
火葬のみ 密葬
家族葬
一般葬
大規模葬
葬儀オプション

式場から選ぶ


ご葬儀費用について
葬儀備品の詳細
お支払い方法

「もしも」の事が起きた時には…

ご相談・お見積りは無料です

葬儀費用:お葬式に必要な費用の大まかな内訳

コピーライト